49歳転職求人サイト徹底検証口コミランキング

49歳転職求人サイト徹底検証口コミランキング

 もう間もなく50代。そんな人生の大きな節目に立たされている49歳の方は、転職について大きな不安や悩みを抱えているのではないでしょうか。当サイトは、49歳のためだけの情報を厳選してアップしています。みなさんの悩みを解決するお助けができるはずです。是非当サイトの情報を参考にして、転職を成功させてください。

 49歳の転職事情…それは決して楽観視できるようなものとなっていません。リストラ・早期退職などにより中途採用を希望する人が激増する年代だからです。どのようにして競争に勝って、なおかつ条件の良い職場に就職することができるのか。それが非常に大切になってきます。転職支援サービスを活用して、プロの知識・ノウハウを学んでいきましょう。

※アンケートの調査結果はこちらから確認下さい

 多くの方が愛用する定番の転職サイト、リクナビNEXT。求人掲載数が多いのはもちろんのことですが、登録しておくことで企業側から声が掛かる、スカウト機能というサービスを提供しています。なかなか転職活動の時間が取れない、という方でも登録しておくだけでも転職チャンスが増えるため、好評を博しています。
人気の秘訣はスカウト機能!

無料会員登録を行い、あなたの経歴を設定しておくことでそれを見た企業やエージェントがあなたにメッセージを送信するチャンスが!このオファーメッセージのやりとりは先月には560万通もの数がやりとりされました。これは全登録者数の倍以上の数。それだけ活発にスカウト機能が利用されているのです。


 激しい競争に勝っていくために必須のサービス、それがリクルートエージェントです。登録すると、転職アドバイザーからあなたに適した案件を紹介してもらうことができます。一般には公開されていない非公開案件を多数保有していますので、厳しい競争をすることなく転職を成功させていくこともできます。




49歳で転職を考えている方に読んで欲しいおすすめナビ



 50代間際のビジネスパーソンにとって、いつも元気はつらつとしてベストな心身でいられることは仕事のうちであると言えるでしょう。かといって多忙な日々が続くことで、不規則な生活や睡眠不足が重なって、疲れやストレスが鬱積している・・・という状態ではどうもそれも難しいでしょうね。

 

 体調を管理するのに役立つコツについて考えてみるのもいいでしょう。

 

 転職も結局は、「終わりよければ全てよし」なのかもしれません。しかし、その「良い終わり方」をするためには、やはり良い準備や良い過程というものが必要不可欠なのです。その準備や過程について考えてみましょう。これで、「良い終わり方」を手に入れられたも同然かもしれません。

続きを読む≫ 2014/11/13 17:05:13
売り手市場に転化!40代以上の求人の見極め方

 

売り手市場に転化!40代以上の求人の見極め方

 

40代が転職市場のトレンドになるという予測が!

 

 2013年12月にリクルートキャリアは、2014年度の転職のトレンドは40代・50代になると発表しました。20代・30代が持つ柔軟性やポテンシャルよりも、40代・50代が長い社会人経験の中で培ってきた、交渉力や問題解決能力、コーチング力を重視する企業が増えつつあることも、プラスに作用しています。

 

 今後、40代以上の求人が増えるという予測は、喜ばしい限りです。ですが、求人が増えたからと言って、条件も良くなるとは限りません。
 満足できる転職を果たすためには、求人内容を読み解き、取捨選択すべきです。

 

 

老舗企業だから安泰とは限らない。
続きを読む≫ 2014/01/15 15:25:15 ニュース
満足できる40代の仕事探し術

 

満足できる40代の仕事探し術

 

キャリアの充実感を持つ40代が多い。

 

 人材紹介会社集合サイト『[en]転職コンサルタント』を運営している、エン・ジャパン株式会社が、30〜50代のサイト登録者1800名を対象に、「キャリアの充実度と志向性」というアンケート調査を行いました。

 

 40代のキャリアの充実度を見てみると、「非常に充実していた」が13%、「充実していた」が54%と、キャリアに満足している人が多いことがわかります。ではなぜ、転職したいと考えるのでしょうか?

 

40代の仕事探して求めるものとは?
続きを読む≫ 2014/01/15 15:15:15 ニュース
キラキラワードに惑わされるな!

 

 

 「営業目標を絶対達成する」など絶対達成シリーズの著者で、目標を絶対達成させるコンサルタントとしても知られている横山信弘氏が、人を迷わせ勘違いさせるキラキラワードに警告を発しています。

 

 キラキラワードとは自分の子供に珍しい呼び方の名前を付けるキラキラネームをもじったもので、「無理しないほうがいい」とか「自分が楽しいと思える仕事を見つよう」など一見すると魅力的な言葉のことです。

 

 横山氏は目標を絶対に達成させるために企業のコンサルティングを行っていて、とても気になるのがこのキラキラワードだと言います。例えばある目標を達成させるために、無理しないことなどあり得ないからです。

 

 何か目標を立ててそれを成し遂げようとすると1度や2度ではなく何度も失敗を繰り返し、そして初めて何らかの成果が出ることをこれまでの経験で知っているからです。

 

続きを読む≫ 2013/12/24 15:59:24 ニュース

 

平成の黒舟が到来した?!

 

 

 

 TPP(環太平洋経済連携協定)の交渉が、いよいよ大詰めを迎えようとしています。2013年3月15日に安倍首相がTPP参加を正式に表明し、同年7月23日に開催された交渉から日本が参加を始めました。TPPにはアメリカ・カナダ・メキシコ・ペルー・チリ・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・マレーシア・ベトナム・ブルネイの11ヶ国が、全貿易品目の関税と各種非関税障壁の撤廃を目指して交渉しています。

 

 日本はこれまで米・麦・砂糖・牛と豚肉・乳製品の5品目に関しては重要5項目として、関税撤廃の対象外とすることを求めて交渉を続けてきました。しかし同年10月の下旬に日本の甘利明TPP担当相とアメリカのフロマン代表の電話協議では、アメリカがこの重要5項目に関しても、関税の撤廃を強く要求してきたことが判明しました。

 

 

続きを読む≫ 2013/12/20 11:49:20 ニュース

 


客観的に自分を認識できているかどうかを確認するための質問です。具体的にこう言われることが多いというエピソードを交えると良いでしょう。

 

気をつけたいのはネガティブな回答。「よく暗いと言われます」などと回答されては面接官も困惑してしまいます。事実だとしても、必ずフォローを入れましょう。

 

逆に「部下・上司問わず信頼が厚く誰からも・・・」と飾りすぎるのもNGです。自己分析がきちんとできていれば自然な回答が出せるはず。

 

まわりの同僚や友人のあなたへ対する評価を教えて下さい

回答例1

 仕事においてもプライベートにおいても、約束や期日、時間を厳守するため、信頼できると言われます。 

 

 私は、何においても決められたことはきちんとこなし、守ります。それが、複数あったとしても、分からなくならないように自己管理する習慣がついています。 

 

 人間ですから、うっかりしてしまうこともあるでしょう。しかし、私は昔から、時間や期日に敏感でそれを守らないということが考えられません。それを守らないということは、そもそも決めた意味がないと思ってしまうからです。

 

 私は、何事もできるうちにこなしてしまいます。だから、職場の人からは、せっかちに思われている部分もありますが、私が期日を守るためにせっせと働いている姿を見ると、自分もやらなければという気持ちが掻き立てられるため、良い刺激を与えていると言われたこともあります。

|45歳 女性

残業や休日出勤は、どれくらいであれば許容できますか?

回答例1

 1日2時間程度なら許容範囲です。休日出勤は必要に応じて対応いたしますが、代休などの制度はありますか?

 

 私はこれまでプロジェクトマネジメントを主に行ってきましたが、残業や休日出勤が発生しないように努めてきました。

 

 残業は1日1〜2時間以内にするよう進捗管理していました。休日出勤をプロジェクトメンバに要求したことは、今のところありませんし、自分自身も休日出勤をしたことはありません。

 

 もちろん顧客と交渉の上で納期の調整を行っておりましたし、納期が厳しい場合は前もって顧客に交渉し、譲歩いただけるようお願いしたこともあります。

 

 以上のように、私がプロジェクトマネージャとしてプロジェクトに参画する場合は、残業や休日出勤は極力でないよう采配いたします。こうすることで、残業や休日出勤を極力しないで済むように仕事を進めていきたいと思っております。

|32歳 男性

 

49歳男性
営業
営業
リクナビNEXT・その他

 

 

 転職を決めた理由は50歳を目前に控え、改めて将来も含めて考えてみた結果に出した答えでした。前職は4年前から営業の管理職として勤めていました。

 

 責任感ある役で充実した毎日ではあったのですが、挑戦するという役ではなく、自分の成長という意味ではもう期待出来る事はありませんでした。

 

 たとえこのまま出世出来たとしても、それは自分が望む姿ではないと思うと、また違う所で挑戦をする立場として戦っていけたらと思うようになり、転職という道を歩む事を決めました。

49歳男性
企画営業
企画営業
なし

 

 

 

 転職のきっかけは一言で言えばキャリアアップです。前職では業績の伸びも少ない企業であったこともあり、自分にとっては為にならないと常々感じていました。家族が私を合わせて4人居るので、軽率には決められないものの、漠然と思っていた転職願望。

 

 下の子供が小学校に入ったことをきっかけに相談し、応援してくれるとの事で休日は転職活動に充てる日々が始まりました。


ホーム RSS購読 サイトマップ